エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →コンドーム使用は100%安全か 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


コンドーム使用は100%安全か

何事も100パーセント安全と言うことはできません。たとえば、
「今日僕が外に出て絶対死なないといえますか?100パーセント安全ですか?」
と言って、
「あなたは100パーセント安全です。」
ということはできません。世の中どこで何が起こるかわかりません。

100パーセント安全です!と言い切ることは誰にもできないのです。避妊用具として使用されているコンドームですが、必ずコンドームの箱を見ると
『コンドームの使用は100パーセント避妊を保障するものではありません』
みたいなことが書いているはずです。本当は100パーセント安全であるはずです。

ですが、この『100パーセント安全』という言葉は非常に怖い言葉で、誰かがもしこの言葉を使えば、その人は責任をすべて負わなければいけなくなるのです。コンドームを作っている会社が100パーセント安全な避妊道具としてコンドームを発売したとします。もしも100パーセント安全なコンドームを使用して妊娠してしまった場合、その会社が責任を取らなければいけなくなります。

だれもむやみやたらに責任を負いたくありません。なので、何事も100パーセント安全とは言えないと言うしかないのです。

性行為を行うときに正しくンドームを使用すれば100パーセントエイズ感染を防ぐことが出来るはずです(管理人は100パーセントといいましたが責任を取れません)なぜなら、エイズに感染する理由は精液や愛液が傷口もしくは粘膜に付着する、粘膜同士の接触によるものです。

なぜ粘膜の接触でエイズに感染するのかというと、粘膜には細かい傷があるからです。その細かい傷からHIVウイルスが体の中に進入する可能性があるからです。

オーラルセックスをしない、もしくはオーラルセックスでもコンドームを使用する、性行為ではあ必ずコンドームを使用する、そうすればエイズに感染することは実質的にはありえません。

ただし、100パーセント安全といえないのは、コンドームが破れたり、外れたりするなどの予期せぬトラブルが発生することがあります。また偶然、お互いの傷口が接触してそこからHIVウイルスが体の中に入ることも考えられないとは言い切れません。

ということで、コンドームの使用は100パーセント安全だとは言い切れませんが、正しく使用すればエイズに感染する確率はドリームジャンボ宝くじで1億円を当てるようなものだと思います。それぐらい低くなります。