エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →梅毒 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


梅毒

感染部位に小さな水泡ができます。その後、脚の付け根あたりにあるリンパ腺が腫れて化膿してきます。しかしこれらは2週間から3週間放置すれば、症状は治ります。ただし、これで病気が治ったわけではありません。

梅毒の原因であるトレポネーマという病原菌は、次は血液の中に進入しています。そして梅毒に感染してから3ヵ月後くらいに手や足にあざができたり、小豆くらいの茶褐色のぶつぶつも出てきます。この症状が3ヶ月から3年続きます。ですが、ここでも同じく症状は次第に治まり治ったかのように見えます。

ですが、感染後3年以上経過したところで、今度は皮膚にしこりができ、さらに目や脳などに重い障害を残します。

病原菌トレポネーマが皮膚や粘膜に傷があると、そこから血液中に広がります。あらゆる性行為で感染する危険がある性病です。

昔は治療薬がなかったのでエイズと同じように恐ろしい性病といわれていましたが、今では抗生剤ペニシリンを内服や注射することで感知します。梅毒の症状により、2週間から3ヶ月ほど治療期間が必要です。