エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →B型肝炎 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


B型肝炎

病原菌はB型肝炎ウイルスです。アジアやアフリカに旅行したときに感染しやすい性感染症です。なんと世界的に見るとB型肝炎に感染している人は3億5千万人と言われています。日本でも100万人以上の人がB型肝炎に感染していると言われています。

倦怠感や食欲不振などの症状が出てきます。また、体や目の白目の部分が黄色っぽくなる症状が見られることもあります。ただ、自覚症状がないまま自然と完治することが多いです。

B型肝炎はまれに悪化して肝細胞を殺し、肝臓移植をしなければいけないほど症状が悪化することもあります。肝細胞のほとんどが死滅し、肝臓移植も行わなければ、死につながるので油断はできません。

もしも症状が悪化すれば、迷わず病院で検査を受ける必要があります。忙しいからと言って、放置すると死に関わる怖い性感染症です。

B型肝炎はあらゆる性行為で感染します。感染者は唾液にも微量のウイルスが含まれていますが、酒の席で回し飲みした程度では感染しません。ただし、ディープキスをすれば、感染する可能性が高くなります。

B型肝炎は自然治癒することが多いですが、症状が出た場合は、インターフェロンやラミブジンといった抗ウイルス剤を服用します。