エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →エイズとは 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


エイズとは

エイズとは
Acquired(後天性)
Immune(免疫)
Deficiency(不全)
Syndrome(症候群)
の略です。正式名称はAcquired Immune Deficiency Syndromeで、日本語に訳すと後天性免疫不全症候群といいます。

エイズはAcquired Immune Deficiency Syndromeの頭文字をとって、AIDSということもあります。

エイズ(AIDS)とHIVの違いは、エイズ(AIDS)はHIVウイルスに感染した人のことで、HIVはウイルスそのものをあらわします。ここらへんは、ややこしくてごちゃ混ぜに使っている人が多いです。管理人も正直、文章を書いているとき、明確に分けずにエイズとHIVをごちゃ混ぜに使っています。

HIVというウイルスは、今のところ無敵で、このウイルスを倒す方法がありません。HIVウイルスが人間の体の中に入ると、白血球の中のCD4リンパ球という細胞を次々に破壊します。

CD4リンパ球が減ってくると、人間はウイルスや細菌、カビに対して抵抗が出来なくなってきます。通常の健康な人ならCD4リンパ球などの白血球が、体の中に入ってきた細菌、カビ、ウイルスを破壊するのですが、CD4リンパ球をHIVウイルスに破壊されると、細菌、カビ、ウイルスに抵抗できなくなりいろいろな病気になります。

自己防衛機能が落ちていき、病気にかかりやすい体になり、最終的には死んでしまいます。ガンのように急激に体を蝕んでいくわけではないですが、HIVはじわじわと人を弱らせる怖いウイルスです。