エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →医療費 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


医療費

HIVの治療には1ヶ月あたり15万円から20万円程度かかるといわれています。もちろん、この医療費を全額負担する必要はありません。エイズの治療は他の病気と同じように健康保険を利用することができます。つまり医療費の負担は健康保険を利用して3割負担になるので、4.5万円から6万円程度まで減ることになります。

健康保険を利用すると、エイズに感染していることが、知られるという不安があります。エイズの治療だから健康保険を利用していると知られるのは、エイズ患者としては辛いと思います。ですが、安心してください。HIVの治療に関して、病院はエイズ患者の個人情報を守ることが義務付けられています。健康保険を使うことで個人情報がもれることはないので、エイズ患者のプライバシーは守られます。

エイズ感染が進行していくと、日和見感染を起こしやすくなり、また必要に応じて入院しなければいけなくなります。そうなれば、治療費はたとえ健康保険を使っても4.5万円から6万円では済まされません。ですが、実際にエイズの治療費を負担できるほど、家庭の生活が裕福という家ばかりではありません。治療費を負担できない人もたくさんいるはずです。

そうならないためにエイズに感染して、ある一定の条件を満たせば、免疫機能障害として障害認定を受けます。すると医療費の自己負担は大幅に軽減されます。なので、膨大な医療費が毎月のエイズ治療のためにかかるということはありません。

ただし、今後エイズ患者が増えれば、医療費が圧迫されこの免疫機能障害として障害認定を受けることで、治療費の軽減という制度は徐々になくなってくるかもしれません。そうならないよう、エイズ治療の薬代が安くなると良いですね。