エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →エイズの薬代は? 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


エイズの薬代は?

「もしもエイズに感染したら薬代はいくらくらいになるのでしょうか?」

もしもエイズに感染したら(正確に言えばHIVウイルスに感染したら)治療をすることになります。ですが、すぐにエイズに感染したからといって、病院で治療をするわけではありません。

定期的に病院に通い、血液検査をして免疫力が正常に保たれているか、様子を見ます。免疫力がある一定基準まで保たれている間は薬によるエイズの治療を行いません。

血液検査により、免疫力を示す数値がある一定基準を下回ったら、初めてそこから抗HIV薬による治療を始めます。

エイズ治療は常に進歩しており、新しい新薬の開発も進んでいます。今現在のエイズ治療では、抗HIV薬を使ってウイルスの活動を抑え、免疫の破壊を防ぐことと、免疫力の低下からさまざまなウイルスや細菌、カビによる病気の治療と予防が目的となっています。

そのとき使う薬は、いろいろな種類になるため『多剤併用療法』と呼ばれています。多剤併用療法では、作用の異なる三系統の薬の中から患者さんのエイズの状態に一番合った薬のものを選びます。

この多剤併用療法で使われているエイズの薬代はだいたい1ヶ月で15万円から20万円ぐらいになります。これは全額自己負担の場合であり、ちゃんと保健の適用を受けることができるので実際は3割負担になります。

さらにエイズに感染すると障害者扱いになります。そのため、身体障害者としてのいろいろなサポートを受けることが出来ます。もしもある一定の収入を満たなければ、国からの援助などもあるはずです。