エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →コンドームの正しい使い方 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


コンドームの正しい使い方

コンドームの正しい使い方について一緒に勉強しましょう。もしもこの正しい使い方をしなければ、コンドームが破れる原因になったり、コンドームから精子が漏れる可能性もあります。なんとなく、コンドームを陰茎につけている方は、1度しっかりと確認してください。もしも使い方を間違えて、大好きな彼女を傷つけては大変です。

まずは、コンドームの袋を破るときです。コンドームを端に寄せて、反対側の端から慎重に袋を破ります。ここでいい加減に破ると、コンドームに傷が行く可能性があります。

次はコンドームをペニスにつけるときの注意事項です。まずはコンドームはペニスが勃起してからつけるようにしましょう。そしてコンドームには裏と表があります。裏と表の見分け方はコンドームの先がポイントです。

口で説明するのは難しいので、画像で説明します。正しい場合は、液だめが上を向いています。そのまま陰茎の下まで下ろします。反対側だとうまくコンドームを陰茎に装着することができません。
コンドーム装着方法

陰茎にコンドームを装着するときは気をつけないといけないことがあります。それはコンドームの先端の精液だめの部分の空気を抜いた状態で陰茎にコンドームを装着させていくということです。ちゃんとコンドームの先端の精液だめの空気を抜いておかないと射精のときにコンドームが破裂することがあります。

コンドームを下ろすときは、陰茎の先端までしっかりと下ろすようにしましょう。もちろん、陰茎が勃起した状態でコンドームをつけます。

以上が陰茎にコンドームをつける方法です。安全で楽しい性行為をするように心がけてください。