エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →感染したときの注意事項 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


感染したときの注意事項

エイズに感染したら生活する上で気をつけることがあります。それは献血に行くことです。エイズ感染者が献血に行くと、HIVウイルスの血が混ざってしまいます。

今はHIVウイルスの購入されている血を見分けることができますが、どこで何が起きるかわかりません。エイズ感染者が献血に行かないようにという理由で、献血者にはたとえ、エイズに感染したとしていても知らせません。

家族で生活する場合は、血液がつく可能性がある歯ブラシやかみそりを共有するのはやめましょう。

おそらく、一緒に生活する人もエイズに感染した人もお互い意識してギクシャクするところがあるかもしれません。まだまだエイズに関する知識を正しく持っている人は少ないといえます。いろいろ悩むことがあるかもしれません。そんな方には、保健所がエイズ感染者をサポートする団体を教えてくれます。

また一緒に生活する人も、エイズに関する正しい知識を学ぶ必要があります。お互いに気持ちよく生活するために、そして支えあいながら前向きに生活するため、エイズに関する正しい知識は必要です。

エイズ感染者は毎日定期的に薬を飲む必要があります。ですが、別に家で寝たきりというわけではありません。社会人の方なら今までどおり会社で仕事をすることができます。ただし、生ものは最近が多いので食べることが出来なくなります。必ず火を通した食事をするように心がけなければいけません。また規則正しい生活をして、野菜もしっかり食べて免疫力をつける必要があります。風邪の引きにくい丈夫な体になる必要があります。