エイズ初期症状が出たのでHIV検査 →予防法 


もしかして・・・と思ったとき早めの検査をおすすめします。
家でするエイズ検査


予防法

100パーセントエイズを防ぐ予防方法はありませんが、限りなく100パーセントに近い確率で方法でエイズを予防する方法があります。

セイファーセックスと呼ばれる方法です。エイズの感染の元になる膣液や精液をコンドームによって遮断することで感染を予防することができます。まず、コンドームは性行為の最初からつけます。射精する直前になってからコンドームをつける人がいますが、これはエイズ予防にも避妊予防にもなっていません。

男性の生殖器からは射精まえにもカウパー線液という液体がでてきます。このカウパー線液にはエイズ感染者ならエイズウイルスも含まれています。また精子も含まれているのでもしもコンドームをしていなければ妊娠の可能性もあります。

女性側も性行為については男性任せではなく、自分の体は自分で守るという気持ちをもっておかなければいけません。口で男性の生殖器をくわえると、カウパー線液がでてきます。このカウパー線液にはエイズウイルスもいる可能性があるのです。

セイファーセックスをするなら口でする性行為でもちゃんとコンドームを使いましょう。安全で愛が深まるような、そんなセイファーセックスを目指しませんか?